イベント情報

イベント

令和4年 こどものトレジャーウォーク~広島の歴史を発見!広島城・縮景園編~

外に出て「昔と今」をつなぐ、自分だけの宝物(トレジャー)をみつけよう!

広島城と縮景園を歩き, 広島市の街中を水上タクシーでめぐります。

いつもとは違う見方で広島を探検してみよう。

夏休みの自由研究にピッタリのこども向け歴史フィールドワークです。

★お申し込みはこちらから★
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/40/kodomo-walk.html

★チラシPDF

昨年度初めて開催し,大変好評だった企画です。
応募者多数の場合は抽選となります。
お申し込みはお早めに!!

期間 : 全2回 令和4年7月27日(水),8月2日(火)※申込締切7月13日(水)

料金 : 無料

場所 : 集合:広島城天守閣下/解散:縮景園

時間 : (集合時間8:40)9:00~12:30

問い合わせ先 : 広島県文化芸術課 082-513-2722

イベント

夢街道ルネサンス フォトコンテスト

夢街道ルネサンス
~中国路 歩いて・感じて・伝えたい~

中国地方(鳥取県、島根県、山口県、広島県、岡山県)の夢街道ルネサンス認定地区における、街道や街道周辺の風景の写真等を通じて、街道文化の魅力を知っていただくとともに、歴史や文化を今に伝えるべく、フォトコンテストを開催します。

◆夢街道ルネサンスとは・・・
歴史や文化を今に伝える中国地方の街道を認定する制度です。

★応募要項 詳しくはこちら≫https://www.cgr.mlit.go.jp/cgkansen/yumekaidou/pc/index_img/22-photo-contest.pdf

★夢街道ルネサンスのホームページはこちら≫https://www.cgr.mlit.go.jp/cgkansen/yumekaidou/pc/index.html

期間 : 令和4年6月1日(水)~10月14日(金)※当日消印有効

問い合わせ先 : 夢街道ルネサンス推進会議事務局 TEL:082-511-6315

イベント

【福山城400年博】ぶらり福山城

福山城ボランティアガイドが,城の魅力や歴史を案内しながら巡ります。

お申し込みなど,詳しくはこちら≫https://fukuyama400.jp/event/2022063210

福山城400年博の公式ホームページはこちら≫https://fukuyama400.jp/

期間 : 令和4年06月26日(日)

料金 : 無料:先着30人 小学生までは保護者同伴

場所 : 福山城筋鉄御門前(集合)

時間 : 9:30~11:30

問い合わせ先 : 福山城博物館友の会事務局:084-922-2117

イベント

福山城400年博~FUKUYAMA CASTLE EXPO 2022~

福山城400年博-FUKUYAMA CASTLE EXPO 2022-オープニングイベント

初代藩主水野勝成が幕府に築城を報告した日とされる8月28日を「福山城築城400年記念日」として,オープニングイベントを開催します。

■8月27日(土)

福山城天守鉄板張りセレモニー

福山城ライトアップ点灯式

■8月28日(日)

福山城博物館リニューアルオープン記念式典・記念イベント・BINGOフェス

〇●〇福山城が変わります〇●〇

【学べる】
高さ3.5m,幅14.5mの大型モニターで学習!!
・福山城の魅力
・水野勝成公,阿部正弘公の人物像や功績
・福山の歴史,偉人

【体験できる】
デジタルコンテンツを活用した歴史体験!!
・大坂夏の陣をモチーフにした一番槍レースなど

【泊まれる】
福山城で城主気分!!
・城泊の実証実施

☆詳しくは公式ホームページ

イベント

縮景園 田植まつり

五穀豊穣を祈願して,古くから行われている田植行事を再現し,併せて茶会を開催します。

①田植とはやし田の披露
【場所】有年場
【時間】13:00~13:30

②はやし田の披露
【場所】跨虹橋
【時間】13:35~13:55

③南条おどりの披露
【場所】清風館前 芝生広場
【時間】14:15~14:45

協力…広島県新庄郷土芸術保存会

■田植茶会
【場所】清風館
【時間】10:00~15:00
【料金】未定
【流派】上田宗箇流和風会・青年部

瓦版はこちら

縮景園ホームページ

期間 : 令和4年6月12日(日)

料金 : 入園料:一般260円,高・大学生150円,小・中学生100円(茶会は別途要)

時間 : 開園時間:9:00~18:00(入園は閉園の30分前まで)

問い合わせ先 : 082-221-3620

イベント

喜多流 広島蝋燭薪能

通常,広島護国神社境内にて行われている「喜多流 広島蝋燭薪能」は,
今年は新型コロナウイルス感染拡大防止にご苦労されている医療従事者の方へ感謝をこめて,「特別講演」として,JMSアステールプラザ能舞台にて行います。

■能 「橋弁慶」大村 定
■狂言「附子」 野村萬斎
■能 「羽衣」 粟谷明生

【入場券発売所】
広島護国神社,中国新聞社読者広報部,中国新聞販売所(取り寄せ)

期間 : 令和4年4月28日(木)

料金 : SS席13,000円 /S席10,000円/ A席8,000円/B席5,000円

場所 : アステールプラザ中ホール能舞台

時間 : 17:00会場/17:45開演

問い合わせ先 : 広島蝋燭薪能の会(広島護国神社内)TEL:082-221-5590(09:00~17:00)

イベント

文化財めぐり 福山城築城400年記念~福山城と水の道~

近世上水道跡や入川をはじめとする福山城周辺の“水”に関わる文化財をめぐります。

講師:福山市立大学 教授 八幡浩二 先生
定員:30名(抽選)
申込:申込フォーム(締切 3/11(金))

詳細・申込は公式サイトで
https://fukuyama400.jp/event/2022023047

場所 : ふくやま文学館(集合場所)

時間 : 9時~

問い合わせ先 : 福山市経済環境局文化観光振興部文化振興課 電話:084-928-1278

イベント

福山城築城400ねん記念日カウントダウンイベント「大林武司ソロジャズピアノコンサート」

大林武司ジャズピアノコンサート

福山城築城400年記念日(2022年8月28日)から300日前にあたる11月1日(月)にニューヨークを拠点に活躍する大林武司さんのコンサートを開催します。

世界的照明デザイナーの石井幹子さんが監修したライトアップの中,ジャズコンサートを開催します。また,ふくやま美術館の喫茶をされているアサヒ商事さんが飲食ブースも出店もあります。

大林武司さんは広島出身のニューヨークを拠点に活躍するジャズピアニストで,2016年にはジャズピアノの世界大会で日本人初の優勝を果たし,現在テレビ朝日報道ステーションのテーマソングを作曲演奏されておられます。

※申込不要です。(100席限定)
※駐車場の準備はありませんので,公共交通機関をご利用の上,ご来場ください。
※当日はライブ配信も行いますので,ご自宅からでも楽しめます。

 

詳細は公式サイトで

期間 : 令和3年11月1日(月)

場所 : ふくやま美術館プロムナード

時間 : 19:00 ~20:00(18:00開場)

問い合わせ先 : 福山城築城400年記念事業実行委員会 084-928-1117

イベント

備後ブルーフェス~初代藩主水野勝成の木綿から備後絣そしてデニムへ~

備後ブルーフェス

初代藩主水野勝成が奨励した木綿の栽培が現代へつながり,デニムに続いていることを顕彰し,ファッションショーやブース出店を行います。

イベント詳細は公式ホームページをご覧ください。
https://fukuyama400.jp/event/2021072141

期間 : 2021年10月31日(日)

場所 : アイネスフクヤマ 

時間 : 10:00 ~16:00

問い合わせ先 : 公益財団法人ひろしま文化振興財団 084-921-8204

イベント

謎解きイベント「水野勝成と失われた設計図 ~謎を解き、福山城を完成させよ~」

福山城謎解きイベント

福山城下マップ(クリアファイル・現代マップ入り)を購入し,城下町の古地図のファイルと現在の地図が印刷されているちらしを重ね合わせて謎・ヒントスポットの謎を解きながら城下町をめぐります。

謎・ヒントスポットには福山城築城400年応援サポーターである「信長の野望」の武将から謎が出題され,最終的な答えを福山城築城400年公式ホームページのイベントページにある解答フォームで送ると抽選で豪華賞品が当たります。

イベント詳細は公式ホームページをご覧ください。
https://fukuyama400.jp/event/2021062253

紹介スポット <福山城

期間 : 2021年07月24日(土) ~11月07日(日)

料金 : 福山城下マップ(クリアファイル)500円(税込)※売上は福山城築城400年記念基金に充てられます。

場所 : 福山城下町エリア

問い合わせ先 : 福山城築城400年記念事業実行委員会 084-928-1117

ロゴマークについて

ロゴマーク
製作者 高橋正広さん(デザイナー)

◆ 選定理由

別名「鯉城」とも呼ばれ、広島を見守ってきた広島城をモチーフに緋鯉がこれを円で包み込むデザインは、広島の歴史・文化を想像させ、基本方針の趣旨をよく表している。緋鯉の赤がロゴマークのアクセントとなって目を引き、広島らしさと親しみが感じられ、また、シンボルマークとロゴタイプの一体感も取れている。