広島百景

尾長天満宮

尾長天満宮

この宮は学問の神と崇敬されている菅原道真を祀っています。久寿元年(1154)安芸国守平清盛がこの山の峰に入った時、雷を伴う暴風雨に遭い、菅原道真の御加護を熱願し、九死に一生を得たことにより、社殿を創建しました。その後、この地を治めた安芸武田氏、毛利氏、福島氏の守護神として再建されました。寛永17年(1640)、浅野長晟が京から連歌師松尾忠正を招き、その忠正の霊夢により山中にあった神社を現在地に分社し、社殿を造営しました。

基本情報

所在地 広島市東区山根町33番16号
TEL 082-262-2679 (尾長天満宮)
料金 無料
Webサイト http://tenmangu.info/

周辺情報

前ページへ戻る