広島百景

広島東照宮

広島東照宮

徳川家康公の御神霊を祀るため、時の広島藩主浅野光晟によって慶安元年(1648年)に建立されました。光晟の生母振姫(ふりひめ)が家康の第三女であったことから、東照宮の造営には特に熱心で、二葉山の麓に華麗な朱塗りの社殿を造営しました。また、家康の50年忌にあたる、寛文6年(1666年)以降、神輿渡御(みこしとぎょ)を伴う盛大な祭り、「通り御祭礼」が50年ごとに催され、中断期間があったものの、平成27年10月10日に行われた際は、多くの観光客で賑わいました。

基本情報

所在地 広島市東区二葉の里2-1-18
TEL 082-261-2954 (広島東照宮)
営業時間 【開門時間】
6:10
【閉門時間】
19:00
料金 無料
Webサイト https://www.hiroshima-toshogu.or.jp/

周辺情報

前ページへ戻る