広島百景

1. 下筒賀の社倉

県下では数少ない現存の建物として、県の史跡に指定されています。

2. 御茶屋(本陣)跡

江戸時代に西国街道の宿場町として栄えた様子を現在に伝えています。

3. 鞆の浦

常夜燈や雁木などの江戸期の港湾施設がまとまって現存する国内唯一の港町です。

4. 三原城跡

満潮時に城の姿が海に浮かぶように見えたことから別名「浮城」とも呼ばれていました。

5. 三次社倉

江戸時代に凶作や飢饉に備えて穀物を納めた蔵

6. 旧松阪家住宅

江戸時代の趣を今に伝える竹原市を代表する歴史的建造物の一つです。

7. 本因坊秀策囲碁記念館

幕末に活躍し囲碁における近代の布石の基礎を築いた棋士本因坊秀策ゆかりの品を紹介しています。

8. 菅茶山記念館

江戸時代の広島で活躍した菅茶山に関連する資料などを見ることができます。

9. 上田宗箇の遺髪塚

縮景園を築庭した上田宗箇の遺髪を埋めたとされる塚です。

10. 亀居城跡

わずか3年で破却されながらも現代に歴史を伝える城跡です。