広島百景

多家神社

多家神社

宝蔵はもと広島城三の丸にあったものです。稲荷社は江戸時代初期の元和年間(1615年~1623年)、浅野氏が広島に入封した時に建立されたと言われ、江戸中期以降、2月初午には庶民でも自由に参拝できました。明治初年に廃社となり、その社殿は多家神社に移築されましたが、火災で全焼してしまい、焼け残った宝蔵は現存の広島城関係の建物となっています。向拝(こうはい)がついて中に大きな神輿(みこし)が納められています。

基本情報

所在地 安芸郡府中町宮の町3丁目1-13
TEL 082-282-2427
料金 無料
Webサイト http://www.takejinja.net/

周辺情報

前ページへ戻る