イベント情報

展示

湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)秋の企画展 「予言獣のチカラ アマビエとアマビコたち」

江戸時代以降、日本のあちこちに現れ、疫病の流行などを予言した「予言獣」。

その絵姿を拝めば難を逃れられるとされていました。

本展では特別出展の「アマビエ」(京都大学附属図書館蔵、展示期間:9月15日~11月3日)のほか、
「アマビコ」「神社姫」など、20件を超える所蔵の予言獣資料を、関連資料とともに展示します。

コロナ禍の今、予言獣について改めて見つめ直す企画展です。

◆公式ホームページはこちら

関連イベントはこちら
展示目録はこちら
図録についてはこちら

期間 : 令和4年9月15日(木)~12月6日(火)※10月27日(木)、11月4日(金)から一部展示が変わります。

料金 : 一般600(480)円 、 高・大学生400(320)円 、 小・中学生200(160)円 、※( )は20名以上の団体 ※企画展・常設展は共通のチケットです。

場所 : 湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)〒728-0021 広島県三次市三次町1691-4

時間 : 9時30分~17時(最終入館16時30分)

休館日 : 原則毎週水曜日、(ただし11月23日は開館)、11月24日

問い合わせ先 : TEL / 0824-69-0111

展示

【福山城400年博】福山城博物館リニューアル記念特別展「水野勝成と徳川四天王~神君家康の守護者達~」

リニューアルオープンした福山城。

福山城博物館も展示ケースや展示構成を一新、福山藩の歴史をより深く、より快適に鑑賞できるようになったことを記念して、特別展が開催されます。

水野勝成が1600年、大垣城主から分捕りした「(国宝)短刀 無銘正宗(名物日向正宗)(三井記念美術館蔵)」、
戦の傷跡が残る「(県重文)革包茶絲威二枚胴具足」を筆頭に名品が勢ぞろい。

10月2日には開催記念シンポジウム「水野勝成と徳川家康、そして徳川四天王の軌跡」を開催。

大河ドラマの監修で大活躍の小和田哲男さんをコーディネーターに、水野家・阿部家・德川家、そして四天王が勢ぞろいする唯一無二のシンポジウムです。

第1会場は福山博物館、第2会場はふくやま美術館。

【開催記念シンポジウム】
水野勝成と徳川家康、そして徳川四天王の軌跡(仮)
 日 時:10月2日(日)
 場 所:ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ大ホール
 講 師:水野勝之氏(水野家20代当主)・阿部正紘氏(阿部家17代当主)・德川家広氏(德川宗家19代)・酒井忠久氏(酒井家18代当主)・本多大将氏(本多家22代当主)・榊原政信氏(榊原家17代当主)・井伊直岳氏(井伊家18代当主)・小和田哲男氏(静岡大学名誉教授・福山城築城400年応援サポーター)

【見どころ】
不仲だった水野勝成と父忠重は、いとこの徳川家康の仲介で和解。
その後、福山に初代藩主として入封することで福山藩の歴史が始まりました。
つまり家康のサポートがなければ、福山城も福山という地名もなかったかも! 
恩人でもある家康を語る上で切り離せないのが酒井忠次・本多忠勝・榊原康政・井伊直政といった徳川家の重臣、いわゆる徳川四天王。
今回の特別展では水野家、徳川家、そして徳川四天王の名品が2館に渡って勢ぞろいします。

福山城400年博≫https://fukuyama400.jp/

期間 : 令和4年10月01日(土) ~11月20日(日)

場所 : 福山城博物館、ふくやま美術館、ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ 大ホール

時間 : 09:00 ~17:00

問い合わせ先 : 福山城博物館

展示

写された広島城~写真に残された城のヒストリー

幕末の広島で徳川慶勝が広島城の姿を写してから現在に至るまで、
広島城はさまざまな形で撮影されてきました。

城を主な被写体として撮影されたものもあれば、偶然に写りこんでいるものもあります。

本企画展はそれらの写真を紹介することによって城のかつての姿を探り、
城と広島市が歩んだ歴史を紹介します。

広島城ホームページはこちら≫https://www.rijo-castle.jp/

期間 : 令和4年9月10日(土)~11月6日(日)

料金 : 大人370(280)円、シニア(65歳以上)・高校生180(100)円、中学生以下無料  ※カッコ内は30名以上の団体料金

場所 : 広島城天守閣 第四層企画展示室

時間 : 9:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)

イベント

時空再現!日本の名城 -島充 驚異の城郭ジオラマ展-

広島城、福山城、岡山城、熊本城、大坂城……失われた名城が古写真のままに今、立体でよみがえる!
城郭模型作家 島充氏が、自らの考証と手技で実現した驚異の城郭模型を、初公開作品を含め多数展示します。

広島城天守は、時空を超えた4つの姿-2基の小天守を従えた近世の姿、旧国宝であった戦前の姿、原爆により倒壊した姿、そして、復興のシンボルとして再建される姿-が再現されます。

★★★ギャラリートークの開催について★★★
島充氏による作品解説を実施します。定員各回40名(事前申込制)

【開催日時】
(1)令和4年9月18日(日曜日)17時~18時30分
「模型で発見!日本の城」
(2) 令和4年10月2日(日曜日)17時~18時30分
「模型で解明!広島城天守」

【申し込み方法】
往復はがきに郵便番号、住所、氏名、電話番号、参加する回(どちらかの回のみ参加できます。)を記載して令和4年9月12日(月曜日)必着で下記の宛先まで送付してください。

【宛先】
〒730-8586 広島市中区国泰寺町一丁目6番34号
広島市役所市民局文化スポーツ部文化振興課広島城活性化担当宛
※1枚のはがきで複数名の応募が可能です(参加希望者の氏名を記載してください。)。
※応募者多数の場合は抽選とします。

広島城ホームページ≫https://www.rijo-castle.jp/

期間 : 令和4年9月10日(土曜日)~10月10日(月曜日・祝日)(ギャラリートークは9月18日(日),10月2日(日))

場所 : 史跡広島城跡二の丸復元建物(中区基町21)

時間 : 午前9時~午後5時30分(入場は午後5時まで)

問い合わせ先 : 広島市市民局 文化スポーツ部 文化振興課 広島城活性化担当 Tel:082-504-2869

展示

広島大学医学部医学資料館 新収蔵資料「島家旧蔵医学資料」展示会

1978年に設立された広島大学医学部医学資料館は、日本の国立大学医学部の中で最初にできた医学資料館です。

今春、爆心地として知られる島病院(現 島内科医院)の先祖(安芸区で開業していた医院)が収集した,江戸時代後期から明治期にかけての貴重な医学文献資料164点が、広島大学医学部医学資料館に寄贈されました。

7月29日には、それらを記念して「島家旧蔵医学資料」見学会と講演会を開催しました。

「島家旧蔵医学資料」については、8月1日(月)より,医学資料館内にて公開展示いたします。大変貴重な資料となりますので、ぜひこの機会に医学資料館へお越しください。

※新型コロナウィルス感染状況対応のため、事前予約制とさせていただきます。

必ず前日(休館日を除く)までに,下記ホームページの入館予約申し込みフォームより,予約をお願いします。
広島大学医学部ホームページ

場所 : 広島大学医学部 医学資料館(霞キャンパス:広島市南区霞1-2-3 )

時間 : 10:00~16:00

休館日 : 土曜日・日曜日・祝日・夏季一斉休業日(8月12日~16日)

問い合わせ先 : 〒734-8551 広島市南区霞1丁目2番3号  広島大学医学部医学資料館  TEL:082-257-5099

展示

【福山城400年博】ふくやま草戸千軒ミュージアム展示

【第24回特集展示「福山藩儒 菅茶山」】
会期:8月5日(金曜日)~10月2日(日曜日)

菅茶山は廉塾の経営者として有名ですが,福山藩の儒者でもあります。
茶山は,藩が行った様々な文化事業に携わっています。
今回は,福山藩儒としての茶山に関する資料を紹介します。

【守屋壽コレクション「福山城と福山藩関連資料」】
会期:8月5日(金曜日)~10月2日(日曜日)

コレクションの中から,福山城の絵図や福山藩主水野家,阿部家及び家臣に関わる資料を紹介します。

★新発見!!
江戸時代の福山城石垣の新たな修復事例が判明!
当館所蔵の守屋壽コレクションの絵図資料 「備後国福山城絵図 備後国福山城損所之覚」が,宝暦 9年(1759)の福山藩阿部氏時代による福山城石垣修復に関連して作成された絵図であることが判明しました。
この資料は,今回の「福山城と福山藩関連資料」で展示しています。是非,この機会に御覧ください!

【水野勝成時代の中国産磁器-神辺城城中品-】
会期:8月5日(金)~10月6日(木)

福山城築城400年記念事業の一環として,福山市神辺町内に伝わった神辺城城中品と呼ばれる37点の陶器・磁器の中から,17世紀前半を中心とする時期の中国産磁器を展示します。
福山市内では17世紀前半の資料は数が少なく貴重です。この機会をお見逃しなく!

詳しくは公式ホームページへ≫https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/rekishih/

料金 : 【常設展】 一般:290円(220円) 大学生:210円(160円) 高校生まで無料 ※( )内は,団体20名以上の料金 ※お支払は,現金のみ ※企画展・特別展は別料金

場所 : ふくやま草戸千軒ミュージアム(広島県立歴史博物館)

時間 : 9時~17時(入館は16時30分まで)

問い合わせ先 : 084-931-2513

展示

写真アート展「かさなる広島〜蘇るまち、ひと、きおく」

江戸時代から戦前まで,時代と共に発展してきた城下町広島の足元を支え続けた歴史道「西国街道」。

現在でも日本各地でたどることが出来ますが,とりわけ広島の「まちなか」,広島駅周辺から平和記念公園の間では,原爆で街そのものが一度破壊されていることもあり,一見して旧街道として認識するのは難しく,それゆえ広島の人々にすらよく知られていません。

その西国街道を中心に、戦前から戦後、昭和、平成と変貌していく広島のまちの様子を、
各地区ごと、計100点以上の写真とともに「時の断層」として振り返る企画展です。

チラシ≫PDF

主催:まちなか西国街道推進協議会
共催:広島市市民局文化スポーツ部文化振興課

期間 : 令和4年8月9日(火)~8月14日(日)

場所 : 合人社ウェンディひと・まちプラザ 4階ギャラリーA (広島市中区袋町6番36号)

時間 : 平日:13時から20時まで  土日祝:10時から17時まで

問い合わせ先 : 問合せ先:広島市文化振興課(TEL 082-504-2500)

展示

皇室の美と広島-宮内庁三の丸尚蔵館の名品から-

本展では、 宮内庁三の丸尚蔵館所蔵の名品から 、
昭和の大礼を彩った屏風や各種の御慶事で記念品として作られた愛らしいボンボニエールをはじめ 、
江戸時代の絵師として人気の高い伊藤若冲の作品 、
平清盛 ・ 重盛親子にまつわる作品や広島藩主浅野家伝来の作品 、
そして児玉希望 、六角紫水 、清水南山 、平山郁夫といった近現代の出身作家らによる作品などを紹介します 。
また、 広島県立美術館からも本展に関連する所蔵品を加えて 、 約 80 点 (展示替え含む)により皇室と広島をつなぐ美の世界をご覧いただきます 。

【期間限定!】
伊藤若冲〈旭日鳳凰図〉は9月16日(金)~10月10日(月祝)のみ展示です。

【会期】9月16日(金)~10月30日(日)
    前期:9月16日(金)~10月10日(月祝)
    後期:10月12日(水)~10月30日(日)

【チケット情報】
前売券(2022年7月16日~9月15日)・当日券(9月16日~10月30日)

当日
一   般 1400円
高・大学生 1000円
小・中学生 中学生以下無料
※会期中,本展チケットのご提示(半券)により,当日料金より200円引き

※ 前売り・20名以上の団体は当日料金より200円引き
※ 学生券を御購入・御入場の際は、学生証の御提示をお願いします。
※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者(1名まで)の当日料金は半額です。
※ 本券で所蔵作品展もご覧いただけます。

【ワンコイン縮景園】
本展入館券のご提示により、100円で,江戸の大名庭園「縮景園」にご入園いただけます

特別展のチラシPDF

広島県立美術館≫https://www.hpam.jp/museum

縮景園≫https://shukkeien.jp

期間 : 令和4年9月16日(金)~10月30日(日)

場所 : 広島県立美術館

時間 : 9:00~17:00 ※金曜日は19:00まで ※入場は閉館30分前まで ※9月16日は10:00開館

休館日 : 月曜休館(祝日は開館)、10月11日(火)休室

問い合わせ先 : 082-221-6246

展示

賑わい・語り・戯れる―海杜コレクションで見る集いの美術―

この2年ほどの間続いているコロナ禍は、世界中の人々にある種の孤独に耐えることを強要しました。
多くの人々が年末年始の家族の集まりも、友人同士の気楽な会食も、大きな会場でのイベントも、いくつもの機会を諦めて過ごしてきたのではないでしょうか。
その経験は、人々と集い、ともに過ごす時間の喜びがいかにかけがえのないものであるかを、改めて私達に実感させました。

絵画の世界を覗いてみると、古今人々は様々な集いを楽しんでします。仲間と宴会で盛り上がり、お祭りなどのイベントに行列をなし、あるいは季節ごとの行事に参加するなど・・・。
日常的なささやかで親しい会合から、群衆で賑わう公の行事まで、人々が日々の暮らしの中で楽しげに集う様子とその感懐を、海の見える杜美術館の日本美術コレクションをとおしてお楽しみいただきます。

チラシPDF

海の見える杜美術館公式ホームページ≫https://www.umam.jp

期間 : 令和4年9月10日(土)〜10月16日(日)

料金 : 一般1,000円 高・大学生500円 中学生以下無料 *障がい者手帳などをお持ちの方は半額。介添えの方は1名無料。*20名以上の団体は各200円引き。

場所 : 海の見える杜美術館

時間 : 10:00〜17:00(入館は16:30まで)

休館日 : 月曜日[ただし9/19(祝)、10/10(祝)は開館]、9/20(火)、10/11(火)

問い合わせ先 : 0829-56-3221

展示

企画展  夏休み おばけの博物館

郷土資料館で”きもだめし”!
ことしの夏も おばけが やってくる!

「不思議だ」「奇妙だ」ということに出会ったとき、昔の人は人でないものの存在を感じていました。
おばけ(妖怪)を通して、人々の想いや生活にふれる、今年もチョットマジメな?!企画展。

1.広島の城下町や村人のくらしとおばけの関わりがわかるおばけの世界。
2.「鬼」とは何か?昔の人の生活と鬼のかかわり。
3.つくも神作家の八木一文さんの「つくも神」フィギュア大集合。今年の新作(キツネの怪談ほか)も登場。
4.不気味な撮影セットの中で、おばけと記念撮影をしよう(カメラをもってきてね)。
5.マスキングテープをちぎって大きなおばけの絵を完成させよう!(開催時間9:00~11:30、13:00~16:00)

広島市郷土資料館公式HP≫http://www.cf.city.hiroshima.jp/kyodo/html/00top/topfrm.htm

企画展チラシ≫PDF

期間 : 令和4年7月16日(土)~8月21日(日)

料金 : 大人100円,シニア・高校生50円,中学生以下無料

場所 : 広島市郷土資料館◆ 〒734-0015 広島市南区宇品御幸二丁目6-20

時間 : 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日 : 月曜日(12月・1月は月曜日と火曜日。祝日の場合は,その翌平日。),祝日の翌日,年末年始(12/29~1/3),その他臨時休館あり。

問い合わせ先 : TEL(082)253-6771

ロゴマークについて

ロゴマーク
製作者 高橋正広さん(デザイナー)

◆ 選定理由

別名「鯉城」とも呼ばれ、広島を見守ってきた広島城をモチーフに緋鯉がこれを円で包み込むデザインは、広島の歴史・文化を想像させ、基本方針の趣旨をよく表している。緋鯉の赤がロゴマークのアクセントとなって目を引き、広島らしさと親しみが感じられ、また、シンボルマークとロゴタイプの一体感も取れている。